前へ
次へ

離婚裁判になるまでの流れ

万が一離婚をしようとするときには、夫婦で話し合いをして離婚をする協議離婚、そして協議離婚で解決しない場合には離婚調停、離婚調停でも離婚しなかった場合には離婚裁判という流れになります。
離婚をする家庭のほとんどが協議離婚です。
夫婦が離婚に納得している場合には、届を提出したら離婚が成立します。
離婚までの期間が短く費用もかかりませんが、具体的に決めごとをしておかないと成立後に後悔することになります。
別れることが決まっていても、財産のこと、子供がいる場合には子供のことなど細かく具体的に準備と決めておくことが大切です。
協議離婚では決まらなかった場合には、第三者となる調停委員が夫婦二人の間に入って離婚に向けて進めていく離婚調停へと進んでいきます。
離婚調停は、トラウブルや離婚の原因などに関係なくだれでも申し立てをすることが可能です。
離婚調停でも離婚できんかった場合には離婚裁判の申し立てと進んでいきます。
訴えたほうを原告そして訴えられたほうが被告となり、裁判に関することは第三者へ公開されることになります。

Page Top