前へ
次へ

協議離婚や離婚調停でも無理なら離婚裁判

誰しも長引かせたくはないのが離婚裁判であり、一生を共にする約束をした相手でも、何かしらの理由で別々の人生を歩むことはありません。
離婚の手順はいくつかの方法がありますが、まずは協議離婚を行いこじれるなら離婚調停へ、それでもまだ駄目なら離婚裁判です。
でも離婚をするカップルの90%は、最初から裁判に持ち込むことはしません。
もっとも多い方法は裁判にする尾ではなく、協議離婚をする方法だからです。
片方にだけ理由があって別れることもあれば、お互いに離れたほうが良いと判断しての決断もあります。
男女間のもめごとは夫婦になってからもあることですが、お互いに分かれることに納得をしているなら、協議離婚をするのが最もスムーズです。
期間は人それぞれに違うとしても、同じ人生を歩んだ同志であり、お互いの良い部分も知っています。
離婚をするにしてもできるだけもめることなく、順調に進めるなら裁判ではなく協議離婚がもっとも適切です。

Page Top