前へ
次へ

離婚裁判は離婚の最終的な方法です

何かしらの理由によって、離婚に至るカップルも多いのではないでしょうか。
結婚と同じように、離婚するカップルも多いと言われています。
離婚は大きく、「協議離婚」と「離婚裁判に分類でき、協議離婚の場合は、協議離婚届に保証人のサインを記載し、その後に夫婦が署名や捺印をし、役所に提出すればそれで終わります。
その一方、裁判所で行われるような、調停や裁判を通して離婚することを離婚裁判と言います。
裁判による離婚では保証人は必要なく、当事者の意思ではなく、こちらは裁判所の判決によって決まるのが特徴です。
そのため協議離婚のように、役所に対しては離婚届を提出するのではなく、裁判所が判断した離婚の事実を報告するというのが正しいでしょうか。
裁判による離婚は、最初に調停離婚からスタートし、お互いの条件に折り合いが付かない裁判に移行することになります。
このように裁判は最終的な手段であり、裁判の判決によって離婚が成立すると、戸籍には「和解離婚」という文字が記載されるのです。

Page Top