前へ
次へ

離婚裁判で勝つためのポイントとは

協議から調停までいき、そこでも離婚が成立しなかった時に行うのが離婚裁判です。
離婚裁判は最終的な方法であり、ここで離婚や離婚に関係した慰謝料や養育費などについても決まることになります。
裁判はとても大切なものですので、やるからには勝ちたいとみなさん思っているはずです。
その場合は、勝つためのポイントを押さえておくといいでしょう。
ポイントのひとつが、悪意の遺棄があったことの証明書の確保です。
夫婦には、同居する義務やお互いが助け合う義務があり、結婚したらそれを守る必要があります。
それに反した行為、例えば、相手に生活費を一切渡さない、別居しているなど、それらの義務に違反することを悪意の遺棄と呼ばれます。
悪意の遺棄の証明ですが、生活費が支払われていない点を証明するものとしては預金通帳や家計簿など、別居の場合、別居を開始した日時や緯などを記載したメモや日記などが該当します。
それら証拠書類は、悪意の遺棄を理由とした慰謝料請求する際の証拠としても活用できますので、事前に用意しておくといいです。

Page Top