前へ
次へ

離婚裁判中の和解離婚とは

夫婦は同じ屋根の下で生活を共にするので、仲がより良くなる家庭もあれば、仲が著しく悪化してしまう可能性もあります。
関係性が深い間柄の夫婦の仲が一度悪化してしまえば、関係を修復する難易度は非常に高くなります。
子供であれば、プライドが邪魔せずに素直に謝罪をしたりする事もできますが、大人になると適切に謝罪できずに、どんどん関係が悪化する事があります。
その為関係修復が不可能なレベルにまで達した時点で、離婚になります。
協議離婚ができれば、簡単に離婚をして関係を終わらせる事ができますが、協議が上手くいかない段階で、調停で離婚を目指します。
調停も上手くいかずにそれでも離婚をしたい場合は、離婚裁判に突入するので、裁判で結論を導き出す必要があります。
離婚裁判で判決が出される前に、裁判官から話し合いで解決する事はできないのかを聞かれる事があり、裁判官からの問いかけに冷静な状態になる事ができれば、和解離婚として解決する事も可能です。

Page Top